*ごめんあそばせ*

KOCパーシャの気紛れ日記。少しずつ過去記事を再公開中。大陸閉鎖後も暫く書きつづりま・・・す多分。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この広い薔薇のテラスで」 2

家出先で先日、ふと思い至って、1人笑ったことがある。

女は国を預かるようになってから、士官先を自由に選べない反動とばかりに、居候生活を繰り返してきた。
月単位でコロコロと知人の家を渡り歩き、土いじりをして。
根無し草のように一か所に留まらずに。

なのに、いつの間にか。

自分で「家出」と言っていた。

さも帰る場所はあの城で、それが当然なのだと思っているかのような。
可笑しくて可笑しくて、家出先で薔薇を植え込みながら何度も観念するように笑った。

ただ引っ越しが面倒になっただけだと言ってみたところで、今更。






この世界でつくりだしたかった薔薇、その願いが叶った時、酷い既視感に襲われた。

暫く考えてようやく思い出した。
あの瞬間は、先に夢で見ていたからだ。

2年半前の、あの夜。女が初めて男の城に居候としてやってきた、最初の夜だった。

仕合後に突然倒れ眠り続ける男を眺めながら、不安なのか心配なのか別の何かか、複雑な感情と向き合いながら眠りについた夜の夢。

目が覚めた時の泣きたい気持ちは、ぼんやりと憶えている。
夢の中の女は感極まっていて、とても自分のこととは思えなかった。

確かに口にしたはずの薔薇の名を思い出せないまま、つくろうとしては何度も失敗を繰り返した。

青みを帯びていくにつれ病弱になり、
管理が難しくなり、
蕾が開かないまま枯れ、
咲いても思うような青にならず。

存在しない青。
摂理に背いた罰のように、花弁が小さくなってゆく。

枯れた苗を見ながら、何度、自問自答したか。
一体自分は何をしているのだろう。何のために。あの夢を現実のものにするために?

違う。

言葉では伝えられない想いが、女には、この方法でしか表現できないとわかっていたから。



繰り返す失敗に、もうどうとでもなれと何も言わずに眠りについた日々もあった。
全て無かったことにしてしまおうか、改良を重ねる苗も花咲くテラスも関係性も何もかも、と、不貞腐れたりして。

ぽつりぽつりと青薔薇を咲かせることが出来るようになってからも、
「報いるべき青」を見出す作業は終わらなかった。

店売りにするには十分だったが、ただ青ければ良いわけではない。

そうして試行錯誤を重ねながらも、区切りと決めた今年の春がやってきた。



2年半前に見た夢についてはコチラ→「遠くへ4」で。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

左サイドMenu

プロフィール

パーシャ

Author:パーシャ
ニックネーム:P子

【基本】
OL
出身*? 何処かの永久凍土
仕官国*オルトゼス
スキル*放置プレイ、毒舌、植物作物の世話

その他詳細設定は
カテゴリ「プロフィール」を

*カテゴリ説明*
「けおし」
ネトゲのお話
「SS」
ネトゲ題材の小話
「屍SS」
屍の君が関わっている小話
「対戦」
コロシアムや呪竜の対戦ログ
「お店」
アイテムショップの商品詳細
「ばとん」
バトン回答集
「データ系」
都度、情報収集用
「背後」
リアル世界のお話
「ごはん」
主に背後の夕食の献立
「プロフィール」
基本となるサンプル絵と自己紹介

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

右サイドメニュー

ブログ内検索

FC2カウンター

↑あーんど54787HITくらい?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。