*ごめんあそばせ*

KOCパーシャの気紛れ日記。少しずつ過去記事を再公開中。大陸閉鎖後も暫く書きつづりま・・・す多分。

Archive [2010年02月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

ちいさなそれ

居候先の城の中庭にあるテラスで、朝のうちからせっせと掃除に勤しんでいた女。麗らかな陽射しはすっかり春めいて。また暫く寒さが舞い戻るとしても、今日を逃すのはあまりに勿体無い。テーブルも椅子も準備が整ったら、後は美味しい紅茶とお菓子を用意するだけ。・・・風も光も、何だか矢鱈と優しい1日。...

KOC撤退のお知らせ

・・・まぁ3月4月は今よりもっとアク率が下がるのはわかっている事だし。5月から時間に余裕は出来ても、この世界に対するモチベーションが維持されているとは限らないし。冬眠するくらいなら綺麗さっぱり消しちゃった方が良いと思うのよね。これと言って執着することも無く、これまでは背後に余裕があったからあたしが動けていたに過ぎない。無理しても仕方ないし、今月一杯でサヨナラ。7ヶ月、それなりに高いアク率を維持でき...

遠くへ 4

引越した最初の夜に見た夢は、言葉にし難い感覚に陥るもので。翌日以降の・・・もっとずっと先に続く何かに繋がっているようでもあった。...

遠くへ 3

医師の君を見送って、とうに日付が変わった深夜。女は未だ男の眠るベッドの傍に居た。部屋の隅からスツールをずるずると引っ張ってきて、腰掛ける。・・・思えば誰かの寝顔をこうして見るのは初めてだと言うことに気付く。(姫とは先日眠ったが)眠っているから当然、瞳は閉じていて。静かな寝息が聞こえるだけ。女はベッドに頬杖をついて、眠る男の睫の先をじっと見つめながら、ふと知り合った頃のことを思い出す。...

遠くへ 2

一旦男の部屋を出た女は、通い慣れた広い城内を歩き回って自室を探す。自分が引越す前に1部屋掃除しておいて、と頼んであったはずなのだが。「・・・・・・?」開かずの間、ならぬ開かずの扉ばかり。空き部屋に鍵がかかっているのはわかるが、残る部屋はと言うと・・・「何で隣・・・」女が露骨に顔を顰める。難なく開いたのは男が眠る部屋の隣、の、部屋だけ。(・・・1番遠い部屋にして、と言っておいたのに!)これまでの居候...

左サイドMenu

プロフィール

パーシャ

Author:パーシャ
ニックネーム:P子

【基本】
OL
出身*? 何処かの永久凍土
仕官国*オルトゼス
スキル*放置プレイ、毒舌、植物作物の世話

その他詳細設定は
カテゴリ「プロフィール」を

*カテゴリ説明*
「けおし」
ネトゲのお話
「SS」
ネトゲ題材の小話
「屍SS」
屍の君が関わっている小話
「対戦」
コロシアムや呪竜の対戦ログ
「お店」
アイテムショップの商品詳細
「ばとん」
バトン回答集
「データ系」
都度、情報収集用
「背後」
リアル世界のお話
「ごはん」
主に背後の夕食の献立
「プロフィール」
基本となるサンプル絵と自己紹介

最近の記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

右サイドメニュー

ブログ内検索

FC2カウンター

↑あーんど54787HITくらい?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。